SNS検索出会いSNS中高年出会い

D(キャバクラ在籍)「ブランド物のバッグとか、お願いしたら楽勝ですよね。あたしもそうなんだけど、複数の客に同じもの欲しがって1個以外は全部売却」
筆者「…ショックです。せっかくもらったのにどうなるんですか?」
D(ホステス)「そんな騒ぐことかな?ふつうオークションだしますよ。取っておいてもそんなにいらないし、旬がありますし、欲しい人に買ってもらった方がバッグの意味ないし」
E(十代、女子大生)聞きたくないことかもしれませんが、Dさん同様、私も現金化するタイプです。」
C(銀座のサロン受付担当)「Mコミュアプリを利用してそういったお金が手に入るんですね…私は一度もお金に換えたりとかはないです」
筆者「Cさんって、ネットの出会いでどのような男性と会ってきましたか?
C「「贈り物なんて男性とは関わっていないですね。どの相手もパッと見ちょっとないなって感じで、体目的でした。わたしの話なんですが、Mコミュサイトについてなんですが、まじめな出会いを求めているので、利用していたのにセックスだけというのは嫌ですね」
筆者「出会い系サイトではどういう相手を知り合いたいんですか?
C「何言ってるんだって言われそうですけど、医師の方とか弁護士の方とか国立大学に在学中の将来も安泰な相手を見つけたいです。
E(国立大に在籍)わたしは、国立って今通ってますけど、Mコミュを見ていても同じ大学の人もいておどろきます。けど、恋愛をする感じではない。」
出会い系サイトの特色としてオタクへの嫌う女性がどうやら多くいるということです。
アニメやマンガにも慣れてきたようにように思われる日本ですが、まだ個人の好みとして受入れがたい育っていないようです。
「Mコミュサイトの方から頻繁にメールが届くようになってしまった…何かいけないことした?」と、ビックリした人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者も何度か経験があり、そういったケースは、アカウントを取った出会い系サイトが、自動で数サイトに渡っている可能性があります。
このように推定するのは、出会い系サイトの大半は、機械が同時に他のサイトに掲載している登録情報を丸ごと別のサイトにも登録させるからです。
明らかなことですが、これは利用している人の望んだことではなく、知らない間に登録されてしまうケースがほとんどなので、使っている側も、知らないうちに数か所のMコミュサイトから知らないメールが
さらには、自動で流出するケースでは、退会すればメールも来なくなると安直な人が多いですがmコミュ退会手続きをしたって無意味です。
結局のところ、退会もできない仕組みで、別のサイトにも情報が流出し放題なのです。
設定を変えても大して意味はありませんし、拒否された以外のアドレスを用意して新たなメールを送信してくるだけです。
日に数えきれないほどくるまでになった場合はすぐに慣れ親しんだアドレスを変更するしかないので用心深く行動しましょう。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>